食品などの「賞味期限」と「消費期限」の違いとは、一体どんなものなのでしょうか?

私は、冷蔵庫の中に眠っている食品たち、まだ食べれるかな?という時にチェックするのですが(笑)、

「賞味期限」か「消費期限」どちらかで書いてあるので、何を基準にしたらいいか結構迷います。

最終的には自分の臭覚や味覚に頼ることもありますが・・・w

でも気になったので、詳しくて調べてみました。

賞味期限は製造した食品に対して製造時の味わい、風味、香りなどが劣化せずに食することができる加工食品の期限のことで、

これは製造者が設定するようです。簡単に言えば、「品質の基準」だということです。

賞味期限はあくまで「劣化しない」という保証を示した期限なので、それが過ぎたといってもすぐに食べられなくなるというわけではないようです。

これに対して「消費期限」は製造から5日以内に劣化する加工食品に対して定められる期限で、これも製造者が設定します。

消費期限は食中毒など生命の危険を生じる可能性があるので、期限を過ぎたら飲食することはできないという決まりになっています。

・・・う~ん、何となく分かってはいたのですが、「消費期限」はやっぱり守ったほうがいいのですね。^^;

食中毒とかこれからの季節は特に怖いですからねぇ。

逆に「賞味期限」はちょっとぐらい過ぎてても大丈夫だと思ってましたが、

どれぐらい過ぎたら食べれなくなるんだろう・・・いまだに良く分かりません。

私は物にもよりますが、2~3日ならOKかなと勝手に判断して食べてしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です